ヴィジュアル系バンドの本質とは

ヴィジュアル系バンドの本質とは

人によっては理解し難い文化というものはある、世界各地に広がる異文化もそうだが自国においても認識外とみなされるアングラさは何処にでもあるもの。その中の1つである『ヴィジュアル系バンド』という存在、このサイトではそんなV系バンドについて考察していくサイトとなっています。

ヴィジュアル系バンドの本質とは

バンドやろうぜ!

はっきり分かる!感じる!ビフォー&アフター整体 渋谷代官山コンディショニングでは「結果を出す」ことにこだわっています。施術後は、ビフォー&アフターを丁寧に説明。変化を実感することで、きっと気持ちも穏やかに。
ダイエットに成功しない、どうしたら下半身の膨らみが解消できるのか、お悩みの方にめぐりゆくがオススメです。 めぐりゆく 効果では肥満の原因ともいえる水太りを解消してくれる効果があるので、気になる方はご利用してみて下さい!

それでもV系は止められない?

好きなモノは好きなんだからしょうがない

文化としてみればすでにアングラとなってしまっているのはしょうがない、だからといってヴィジュアル系バンドが遺してきた記録そのものが潰えることはありません。現在でも活動を続けているバンドもそうですが、X JAPANやMALICE MIZER、Janne Da Arcにミサルカといったところも例外ではありません。音楽業界シーンを通してそこから見えてくるのは、確かに『音楽性が凄い』という点については、他のバンドとなどと変わらないからです。

音楽は廃れることはありません、なので当時を知らない学生たちでも借りようと思えばCDレンタルで借りることも出来ますし、最近はインターネットでの音楽ダウンロード販売で簡単に手に入れることも叶います。むしろレンタルよりもこちらのほうがより簡単にサンプルを聞くことも出来ますし、その気になれば違法ではありますがネットで音源そのものが垂れ流しにされていることだってあるため、簡単に聞き取れるでしょう。

そうした中で、現在までに活動してきている、もしくはすでに活動休止をしているバンドも含めて、これまで世に出てきたヴィジュアル系バンドで人気が高いのはどのバンドなのかを少し見てみよう。

エレキギター教室
仙台 弁護士会は、明治26年に設立された、創立115年以上の長い歴史を有する、会員数約6,000人の日本最大規模の弁護士会です。

リアルタイムすぎるランキング

このアンケートが行われたのは本当に最近のことなので調べてみると、順当というバンドもあれば、最近のヴィジュアル系バンドがランキング上位へと食いこんでいる傾向にもある。中には『これは、ヴィジュアル系バンドではないだろう』、というバンドもあるため、そういったことも含めて考察していこう。まずはランキング上位10位がどのようになっているかだ。

  • 1位:Janne Da Arc
  • 2位:X JAPAN
  • 3位:GLAY
  • 4位:ゴールデンボンバー
  • 5位:シド
  • 6位:乙龍
  • 7位:vistlip
  • 8位:DOG in Theパラレルワールドオーケストラ
  • 9位:R指定
  • 10位:the GazettE

このようになっている、意外というより予想外の結果だといっても良いかもしれない。X JAPANが必ず入ってくるだろうとは予想していたが、そうした意見を押さえて人気のV系バンドの人気No.1を獲得したのが、Janne Da Arcだ。確かに人気があるのは理解していたが、その後の活動はヴィジュアル系というよりは通常のロックバンドへとシフトしていったので、活動休止直前の頃にファンだった人にはそういった印象やイメージはないだろう。だからこそのランキングなのかもしれない、ある意味で番狂わせとなっているためこれはこれで非常に興味深い結果だ。

それ以外のランキングを見ると、別段おかしなところはないように見えるが問題とするべきはやはり第3位のGLAYだろう。確かにギタリストのHISASHIさんはヴィジュアル系バンドで活動していた経歴もあるため納得できるが、90年代から活動していたバンドとしてみるとジャンル系統が異なっている感が半端ない。国民的な人気を博した楽曲も多数輩出している『ロックバンド』という印象が強いのだが、人によってはGLAYもヴィジュアル系バンドの一種と感じる人がいるのかもしれない。

それに対して

X JAPANのようなすでに活動開始から20数年以上も経過しているバンドが今現在でも人気を博しているのに対して、究極形態のヴィジュアル系バンドと称されるMALICE MIZERはどうなのかと見ると、ランキングは大きく離されて『38位』という結果となっている。これについて分析すると、時代による差異が出てきているのかもしれない。

90年代においては比類なきヴィジュアル系バンドとして活動していたが、音楽性などを総合して評価するならやはりこの時代におけるヴィジュアル系バンドの代表格はX JAPANをおいて他にはないということだ。その後、Janne Da Arcが台頭して若者を中心にファン層を増やしていったのは時代の流れによるものだが、90年代に活躍していながら現在ではヴィジュアル系バンドの代名詞とも言われるバンドを抑えたX JAPANに対して、MALICE MIZERとの差がここで顕著に示されてしまっている。この点については素直に負けを認めるしかなさそうだ。

電子ドラムのすすめ

X JAPANという存在

こうしてランキングを見ると、Janne Da Arcもそうだが改めてX JAPANというバンドの存在感が半端ないことがはっきりした。今でも多くの人が名曲と謳い、ヴィジュアル系バンドの元祖として定義する存在は彼らをおいて他にありえないと思っている人が多いのだろう。それについては激しく同意できる、MALICE MIZERもヴィジュアル系バンドの中では代表格と言える存在だが、X JAPANこそその真骨頂と称されるのも首を大きく縦に振りたくなるほどだ。

ミサルカはMALICE MIZERに憧れてバンド結成を決意する事になったと言われていますが、彼らと同じではない、これまでにない世界観でヴィジュアル系バンドとして活躍していかないときついという部分があるのかもしれない。