ヴィジュアル系バンドの本質とは

ヴィジュアル系バンドの本質とは

人によっては理解し難い文化というものはある、世界各地に広がる異文化もそうだが自国においても認識外とみなされるアングラさは何処にでもあるもの。その中の1つである『ヴィジュアル系バンド』という存在、このサイトではそんなV系バンドについて考察していくサイトとなっています。

ヴィジュアル系バンドの本質とは

バンドやろうぜ!

現場に入り現場スタッフとしてオペレーションをヘルプ・サポート。コンサル マネジメント

段々と落ち着いてきている

現在のヴィジュアル系ロックバンド

多くのヴィジュアル系バンドとして活動していた人、それらバンドのファンとして追っかけをしていた人たちは冷静に考える。いつまでもこんなスタイルを継続するだけでにいいのかと、今後の自分と邂逅するように問いかけていたのかもしれない。そうした流れが顕著となり、ヴィジュアル系バンドと呼ばれる文化はやがて一般的な人々の認知から外れていって、次代の後世たちに引き継がれていったのです。現在、もう少し詳しく言うと2000年代中盤から後半にかけてとなるが、この頃から活動している、もしくはしていたバンドや人々の傾向を考えてみると服装やメイクといった部分が完全にシフトしていった。

それは主に落ち着いたもの、シンプルというよりは少し足りない派手さはそのままにしておきながらも、90年代でコテコテに活動していたバンドたちよりかは控えめなメイクが主流となっていったのです。こうした世代のことを総称して『ネオ・ヴィジュアル系』などとも呼んでいるという。物凄くかっこいい気もしなくもないが、やっていることは特別変わっているわけではない。むしろ派手を取っ払って、シンプルにバンドマンとしてのスタイルを全面的に押し出したのがこの世代となっている。悪いことではない、むしろ将来的に表で活躍することとなった際には、そのような奇抜なファッションが認知されるのは時代遅れと取られるかもしれない。逆に物珍しさで興味関心を持たせることも可能かもしれないが、受け入れられるかどうかという話になるとかなり微妙なところだ。

エレキギター教室

ヴィジュアル系バンドに種類ができた

90年代の全盛期でもあるヴィジュアル系バンドが隆盛を築いていた時代において、定義は1つしか無かった。コテコテの耽美主義に色塗りされた姿で、良くも悪くも例としてあげられてしまうMALICE MIZERだ。それも2000年へと突入し、ネオ・ヴィジュアル系と呼ばれる次代のアーティストたちへとその椅子が譲られると、ヴィジュアル系バンドと呼ばれるものの中にも、様々な種類が登場してくる。その中には最初のほうでも話した、和文化をモチーフにしたものだったりと多種多様に分かれているので、種類についてまとめてみよう。

ネオ・ヴィジュアル系の定義

名称 特徴
コテビ系 スタンダードなヴィジュアル系バンド
ソフビ系 ホストに近いスタイルをしたバンド
おしゃれ系 ポップな感じで、現代風にアレンジした若者向けのバンド
お耽美系 耽美主義を全面的に押し出したバンド
密室系 ヴィジュアル系を斜め上へとシフトしたバンド
ネタ・お笑い系 音楽というより、芸人に近いバンド
和風系 日本文化における和柄を採用したバンド

現在までにヴィジュアル系バンドもここまで多くの種類と存在に派生しており、その姿はある意味感嘆に値する。異様とも取れなくもないだろうが、まぁそこは敢えて気にしない方向でお願いしたい。何しろ、中には音楽というよりはお笑い形式でヴィジュアル系バンドを利用している人もいるほどだ。それだけ文化として価値があるといえなくもないが、やはり90年代のヴィジュアル系バンドについては大半の人がやり過ぎ感が半端ないと感じていたのかも知れない。

確かに、MALICE MIZERのようにあそこまでコテコテな雰囲気を作り出してしまうと、真剣にやっている一挙手一投足が笑いを誘ってくるものへと変化するのだから、不思議なものだ。

電子ドラムのすすめ

もう何でもいいんじゃね?

ここまでのことを簡単にまとめてみると、もうとにかく個人が楽しめればなんでもいいんじゃないのか、なんて思いたくもなる。それもそうだ、何せ大半の人は傍観者として観察しているだけならまだしも、当人としてメイクして演技して歌って演奏して、大勢の観客の前に出なければならないとなったらもう泣けてくる。黒歴史にしたくなるのはこういうところだ。素顔は決して見せないようにするのも、顔バレして生活できなくならないようにするためと思っても、やはり限度がある。

そう考えればJanne Da Arcなどはデビュー当初こそしていたメイクを取っ払って、素顔を晒したのだから勇気があるなぁと別の意味で感心してしまう。芸能人と一般人を比べるのはお門違いな面もあるかもしれませんが、それでも親や知人などにバレるよりはいいだろう。